サプリメント

サプリメント活用法(基礎編)

そもそもサプリメントとは?

「サプリメント」は英語で、“補助する”とか“追加する”といった意味がありますが、アメリカでは食べて健康になるといった意味合いの「ダイエタリー」と組み合わせて「ダイエタリーサプリメント」という言い方をしています。

日本ではすっかり「サプリメント」で定着し、広く「健康(栄養)補助食品」と理解されています。
錠剤型やカプセル型であっても、「食品」扱いです。
健康に役立つなんらかの成分や栄養分が含まれていれば健康補助食品、つまりサプリメントとなります。
日本では明確な基準がないため、ミネラルウォーターもいわばサプリメント。
はっきりしているのは薬ではないという点です。
ハーブなどで医薬品に近い作用を持つものもありますが、医薬品のような即効性はサプリメントにはなく、“○○に効く”といった表記や宣伝はできないことになっています。

どうしてサプリメントが必要なの?

健康の基本は言うまでもなく、食事です。
身体もエネルギーも食事で摂る栄養が作り出すものです。
その栄養が不足したり偏ったりすると不健康状態や、病気を招くのは自明の理です。
一方、私たちは栄養の不足や偏りを招くような食生活を余儀なくされている、あるいは自ら進んで不足や偏りを招く食生活をしています。

サプリメントのニーズはそこにあります。
サプリメントとは食事で不足している栄養を補助するもの、栄養のアンバランスを修正するもの、です。
言いかえると、自分が健康的に生活するうえで必要不可欠な栄養素や機能性成分を補給する、それがサプリメントです。

巷にはサプリメントの商品が氾濫していますが、個別な商品にばかり目を奪われていては正しいサプリメントの摂り方はできません。
まずは、食生活・食事内容を見直しながら、どんな栄養(サプリメント)をどう補給するかが大切です。

Return Top